クロスバイクは雨に濡れても大丈夫?保管方法やメンテン方法を紹介

自分の手足となってくれる大切なクロスバイク。

でも、保管は野ざらしだったり、乗っている最中に雨に降られることもあるでしょう。

そんな時に気になるのが「クロスバイクは雨に濡れても大丈夫なの?」という点でしょう。

今回はそんな「クロスバイクは雨に濡れても大丈夫なのか?」という点と、保管方法やメンテナンス方法について紹介したいと思います。

 

クロスバイクは雨に濡れても大丈夫か?

結論から言ってしまうと、きちんとメンテナンスしていれば雨に濡れても大丈夫です。

競技で勝つことを前提として作られているロードバイクは雨に濡れることを避けたほうが良いものもあります。

しかし、クロスバイクはシティーサイクルと同じように日常の足として使われることを想定します。

その為、雨に濡れたらダメということはありません。

 

雨に濡れても簡単にはさびないように塗装やグリースによる防水、金属部のメッキ加工がされています。

その為、極端な話ではあまざらしで保管していたとしても、すぐに錆びだらけになることはありません。

 

ただし!!

それはきちんとメンテナンスされているという前提です。

例えば、駆動部分には多くのベアリングという部品が使われています。

ベアリングはペダルやホイールの回転をスムーズにするための部品ですが、ベアリングがさびてしまうと動きが悪くなってしまいます。

そうならないように、ベアリングにはグリースが塗られており、水がベアリングの中に入りにくくなっています。

しかし、グリースは時間とともに劣化していきますので、水を入りにくくする防水性能も落ちてきます。

その為、定期的にベアリングに新しいグリースを補充する必要があります。

 

また、チェーンも同じですね。

チェーン自体もチェーンをスムーズに動かすためにオイルが塗られています。

そのオイルはチェーンをスムーズに動かすだけではなく、ベアリングのグリースと同じように水をはじくことで、チェーンをさびにくくする働きも持っています。

その為、チェーンやギヤにも定期的にオイルを塗ってあげる必要があります。

その辺のメンテナンス方法については、後ほど紹介したいと思います。

このように、きちんとメンテナンスされた状態であれば、野ざらしで保管していてもすぐに錆びてしまうことはありません。

 

ただ、大切なクロスバイクですので、できれば野ざらしではなく、きちんと保管したいものですね。

 

さびやすい部品

クロスバイクのほとんどの部品は金属でできています。

その中でも特にさびやすいのが

  • ねじ(ボルト)
  • ギヤ
  • チェーン
  • ワイヤー

です。

先ほど、野ざらしで保管していても大丈夫ということを書きましたが、金属である限り必ずさびます。

先ほども書きましたが、きちんとメンテナンスしていないと、金属部分はさびてしまいます。

その為、どの部分がさびやすいのか、そしてさびないためにはどうすればいいのかをしっかりと知っておくこともクロスバイクをいつまでも美しい状態で楽しむポイントになります。

 

クロスバイクを保管する方法

クロスバイクを雨から守るためには、キチンと保管する必要があります。

  1. 室内保管
  2. 屋根の下で保管
  3. カバーを掛けて保管

では、それぞれメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

1.室内保管


画像出展元:rbs.ta36.com

クロスバイクをいつまでも美しい状態で保管する方法として一番理想的な方法です。

雨風の心配も必要ありませんし、高価なクロスバイクの盗難の心配もありません。

ちなみに、クロスバイクは盗難率も高いです。

そして、盗難される場所として、外出先の駐輪場だけでなく、自宅やアマートの駐輪場で盗難されることも決して少なくありません。

その為、室内で保管することで、少なくとも自宅で盗難被害を受けることはなくなります。

 

室内に汚れた自転車を持ち込むのはちょっと抵抗がある方もいるでしょう。

そこが室内保管のデメリットでもあります。

でも、汚いから持ち込みたくないわけで、綺麗なら大丈夫ですよね?

ということで、室内保管をするようになってから、掃除やメンテナンスを頻繁にするようになったという方も非常にたくさんいます。

凄い汚れた状態からきれいにするのは結構大変ですが、常にきれいになるように頻繁にメンテナンスをしていれば、メンテナンスや掃除の時間も短時間で済みますので、意外と大変な作業ではありません。

クロスバイクを大切にするきっかけにもなりますので、ぜひ室内保管もチャレンジしてみてください。

【参考】

クロスバイクを室内で保管する方法(執筆中)

 

2.屋根の下で保管

一般的には、この方法が一番多いのではないでしょうか?

アパートやマンションには必ず屋根付きの駐輪場がありますので、そこで保管することで雨に濡れることを防ぐことができます。

1戸建ての場合でも、最近は最初から駐輪スペースを設けて設計することも多くなってきています。

ただし、風が強い場合は完全に雨を防ぐことはできません。

また、たくさん自転車が並んでいる場合が多いので、風による転倒で大切なクロスバイクが傷ついてしまうこともあります。

その場合、次のカバーを掛けて保管と組み合わせることで、より高い保管方法となります。

 

3.カバーを掛けて保管


画像出展:https://www.cyclesports.jp/depot/detail/30975

クロスバイクに自転車用のカバーを掛けて保管する方法です。

この方法であれば風が強くてもクロスバイクが雨に濡れることはありません。

また、カバーを外さないとどんな自転車か確認することができないので、盗難防止にも効果があるといわれています。

デメリットとしては、カバーはすぐに劣化しますので、1年おきとか頻繁に新しく買い替える必要があります。

また、サイズの合ったカバーでないと、風でカバーが外れてしまうこともあります。

筆者自身も台風の時にカバーが飛ばされてしまい、ご近所さんが拾ってきてくれたなんてこともありました。

 

雨でさびさせないためのメンテナンスの仕方

クロスバイクに多く使われている金属をさびさせない方法は「しっかりと油(オイルやグリース)を塗る」ということです。

先ほど、さびやすい部品を紹介しましたが、それぞれ専用のグリースやオイルが売られていますので、定期的に注油することをお勧めします。

定期的というのは可能なら毎月です。

特に毎日通勤や通学でクロスバイクに乗るという方は、1ヶ月も経つとチェーンなどが結構汚れていると思います。

チェーンやギヤを掃除しつつ注油することで、快適に乗ることができますし、錆予防にもなります。

 

チェーンやギヤには専用のオイルがお勧めですが、それ以外の金属部分にはKURE556などのオイルスプレーが手軽でお勧めです。

ただし、ベアリングがある部分には使用しないようにしてください。

ベアリングがある部分は、ホイルの中心やクランクの根本です。

ベアリングには潤滑と防水の為にグリースが塗られていますが、KURE556などのオイルスプレーにはそのグリースを溶かす作用があります。

その為、ベアリング内のグリースが溶け出してしまい、余計にさびやすくなるという悪循環になる可能性があります。

主に変速機の可動部分に吹き付けたり、金属部がむき出しになっているシートポストに軽く吹き付けて、雑巾などでふき取るとべとべとしにくくなります。

ベアリングのメンテナンスなどはメンテナンス初心者にはちょっと大変ですので、年に1回くらいは自転車屋さんに行ってベアリングなどのメンテナンスをしてもらいましょう。

 

まとめ

クロスバイクは野ざらしでもすぐに問題になることはありません。

しかし、大切なクロスバイクを少しでもきれいな状態で快適に乗るためには、やはり雨対策はした方がいいでしょう。

おすすめはやはり室内保管です。

何十万もするロードバイクを野ざらしで保管する人はほとんどいないと思います。

そして、走行距離はロードバイクの方が圧倒的に多い場合が多いです。

それでも多くの方がロードバイクを室内で保管しています。

でも、数万円で買えるクロスバイクはそこまで気を使う人は少ないでしょう。

でも、値段の問題じゃないんですよね。

 

クロスバイクもその気になればかなりのスピードが出ます。

そのスピードで転倒すると大きなけがにつながる可能性も出てきます。

メンテナンスがされていないためにブレーキが利かなかったとか、ブレーキワイヤーが切れたとかそういう事故も決して珍しくありません。

室内保管をすることでメンテナンスする機会も増えますので、そういうトラブルを未然に防ぐことができます。

 

値段ではなくクロスバイクを大切にするという気持ちも大切ですよ。

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です