クロスバイク初心者は100キロ走り切ることが出来るか?

クロスバイクに乗ると、その軽さや軽快さから長距離ライドが楽しくなります。

いつまでもどこまでも走っていけそうな気がしてきますね。

長距離ライドはクロスバイクに乗る魅力のひとつでもあります。

しかし、クロスバイクに乗り始めて間もない初心者の方が、いきなり長距離ライドは出来るのでしょうか?

一般的に長距離ライドの目標と言われている「100キロ」を走ることが出来るのか考察したいと思います。

 

クロスバイク初心者は100キロ走ることは出来るか?

私はクロスバイク初心者の方には100キロという距離をいきなり走るのはお勧めしていません。

長距離ライドの基準として100キロという数値が出てきます。

特に100キロという距離の根拠はないようですが、ロードバイクでは初心者と中級者の境が100キロコンスタントに走れるかどうかという指標がありますのでそこから来ているのではないでしょうか?

では、クロスバイク初心者の方がいきなり100キロ走ることが出来るのでしょうか?

初心者といっても定義はあいまいですね。

同じような時期にクロスバイクに乗り始めたとしても、体重やスポーツ歴などにもよりますので一概に「初心者だから」とはくくれない部分もあります。

今回はその辺はあまり考慮していませんので、ご了承ください。

クロスバイク初心者に100キロライドはお勧めしない理由とは?

私はクロスバイク初心者の方に100キロライドはお勧めしていません。

その理由を紹介します。

怪我のリスクが高くなる

クロスバイクの平均スピードは約20キロから30キロです。

ただ、クロスバイク初心者なら20キロくらいでしょうか。

時速20キロなら1時間に20キロ走れるということです。

単純に計算すると5時間かかる計算になります。

ただし、この計算はひたすら20キロ同じスピードで走った場合です。

実際には信号もあれば休憩もする。

コースによってはスピードが出せない場合もあります。

そういうことも考慮すると、6時間くらいかかると思った方がいいでしょう。

休憩しながらとはいえ、6時間もクロスバイクに乗っていると、身体に大きな負担が掛かってきます。

・腰
・膝
・首

このあたりが痛くなることが多くなります。

特に痛めやすいのが「膝」ですね。

初心者の方が1分間に回すペダルの回転数は約70回転くらいでしょう。

これを5時間ひたすら回し続けるということは、21000回膝の曲げ伸ばしをするという事になります。

自転車の場合、自分の体重が膝に掛からないので、マラソンに比べると膝にやさしいと言われています。

しかし、体重はかからなくても、マラソンよりも曲げ伸ばしする距離は長くなります。

その為、自転車でも十分に膝を痛める可能性はあります。

また、特に初心者の方の場合、サドルの高さや座る位置が適切でなかったり、ペダリングに無理があったりすることが多くなります。

これも膝を痛める大きな原因になります。

一度膝を痛めてしまうと、なかなか治らないばかりか、慢性化してしまう可能性もあります。

そういう意味からもいきなり100キロを走るのはお勧めしません。

 

危機回避能力が未熟

長時間クロスバイクに乗っていると「あぶない!!」というシーンに遭遇することがあります。

例えば

・わき道から急に自動車が飛び出してくる
・逆走する自転車に出会う
・よそ見をしてしまう

という物です。

わき道から車が飛び出して来るとか、そういう時は慣れてくると予兆が分かります。

例えば、ミラーを見れば車が来ているかどうかわかります。

しかし、初心者の方が特に疲れてきた後半になると集中力が途切れてきてしまい、ミラーを見るとかそういう注意が出来なくなってしまう可能性もあります。

集中力が散漫になっている時に多く事故が発生します。

ある程度乗り慣れてくると、集中力も切れなくなりますので、慣れないうちは疲れて集中力が切れる前にライドを終わりにする必要があります。

 

100キロ走るために必要なこと

では、初心者の方が100キロ走れるようにするにはどうすればいいのでしょうか?

 

徐々に距離を伸ばしていく

いきなり100キロを目指すのではなく、まずは10キロをめざし、達成できたら次は20キロ、次は30キロと徐々に距離を伸ばしていくようにしましょう。

徐々に距離を伸ばしていくと、自分の限界も見えてきます。

また、長距離ライドの負担を身体が覚えていきますので、怪我のリスクも減らすことが出来ますね。

 

ポジションやペダリングスキルを身に着ける

ロードバイクでは、ポジションが数ミリ変わっただけでも急に楽に走れるようになることもあります。

また、適切なポジションはカラダへの負担も減りますので、けがのリスクも減ります。

楽に速く走るためにも、けがのリスクを減らすためにもただしいポジションを身に着けることと、ただしいペダリングスキルを身に着けることが重要になります。

 

正しいポジションの見つけ方

別記事で正しいポジションの見つけ方を紹介しますが、初心者なら専門のショップに行ってポジションを見てもらう方法がいいでしょう。

その場合、そのお店で買っていれば、購入者サービスとしてポジションを調整してくれることがほとんどです。

専門的なショップになれば、専用の測定器を使ってポジションだしもしてくれます。

そういうものは多くは有料になりますが。

ホームセンターや自転車の量販店でもポジションは見てくれますが、あくまで素人によるポジション出しでしかありません。

専門のショップであれば、専門的な知識を持った担当者さんがポジションを見てくれますので、その差は歴然です。

専門のショップはちょっと敷居が高いと思われがちですが、一度勇気を出して入ってしまえば大丈夫です。

 

まとめ

クロスバイクを買うとついついテンションが上がってしまいます。

また、乗りなれた仲間がいると、頑張って同じように走ってしまうこともあるでしょう。

しかし、クロスバイクもスポーツと同じです。

自分の能力や体力の限界を超えてしまうとケガにつながります。

無理をせず、自分のペースで楽しむようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です